オランダなう


オランダなう

2015年オランダの失業者数減少

2016-01-21

オランダの2015年の失業者数は2012年12月以来、初めて60万人を下回った。

CBSが本日行った報告によれば、公式な2015年のオランダでの失業率は6.6%であり、588,000人となっている。2014年12月には、失業率は7.2%であった。

しかしながら、オランダで12月に失業給付の申し込みをした人は446000人で1.1%の増加となった。これは、小売、ホテル、ケータリング、教育分野での失業者増加が原因である。

それと同時に、建設部門では、失業報告数は25%ほど減少している。

2015年は年間を通して、オランダでの失業給付の請求は全体的に減少となった。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で