オランダなう


オランダなう

2017年から育児助成金が増額

2016-05-27

オランダ政府は27日、2017年から育児支援の助成金を増額することを発表した。

この支援は特に高所得世帯のために充実したものになる。

テレグラーフ新聞の報道によると、平均所得の3倍に当たる、年間10万ユーロ( 約1千230万円)の所得がある家族には、育児補助金で年間944ユーロ以上(約12万円)を補助される。またこの新育児支援により、すべての保護者は育児にかかる費用の少なくとも3分の1が助成されることになる。

AD新聞でも、保育所での保育士の割合も現在の赤ちゃん4人に対する保育士1人の割合から、2018年からは赤ちゃん3人に対し保育士1人へと改善されることを報告している。この措置で赤ちゃんのストレスを軽減する目的だ。

低所得世帯では、育児費用のほとんどは既に国によってカバーされているため、新たな支援からの助成金は比較的少ないものとなる。

画像著作権: De Telegraaf





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で