オランダなう

オランダなう


Rabobank 新振込システム導入で間違い送金をなくす

2017-02-08

うっかりミスで間違った口座に振込送金してしまい、ハッとすることは、間もなく昔のことになるだろう。

 

オランダのラボバンク(Rabobank)は、オンライン振込送金システムの受信者の名前とIBANアカウント番号の両方をチェックする新しいシステムを開発した。

両者が一致しない場合は警告が出される。

 

RTL Nieuwsによると、2016年には、13,000件の銀行振込ミスが報告された。これは主にケアレスミスによるものだ。

 

現行の振り込み送金システムではIBAN番号のみをチェックしているが、振込先の名前のチェックはシステム構築が非常に難しく、名前が正しく書かれていないと支払いは停止してしまう可能性があるため行われていない。

 

RTL Nieuwsによると、現在は、間違った口座に送金してしまった場合、受け取った名義人が返金に応じなければ、お金が戻されることは非常に難しい。

 

ラボバンクは今年後半にこのシステムを導入し、他の銀行も続いて導入する予定である。

 





FOLLOW US