オランダなう


オランダなう

オランダフリーランサー 雇用の虚偽 税務署が積極的に検索へ

2018-02-10

今年7月より、政府は、フリーランスの契約だとして、雇用を虚偽報告する自営業者を積極的に探し出す。

 

2016年5月以来、オランダでは新DBA法が施行され、フリーランサーとそのクライアントは、その関係性が実際にクライアントとフリーランサーであり、雇用主と従業員ではないことを明確にする必要があった。

これは、通常、形式に従った相互の契約によって行われる。

 

1人のクライアントだけに対して独占的に働くフリーランサーは、税務署からは従業員とみなされる。

一部の企業らは、雇用関連の税金や保険料を回避する手段として、これらの「偽の」フリーランス形態を選択している。

 

しかし、この新DBA法は、フリーランサーとクライアントの間に多くの混乱を招いていた。

実際のところ、多くのフリーランサーたちは、DBA法を犯す恐れを持った企業側から契約を解除され仕事を失うこととなった。

 

これにより、政府は2018年7月1日までDBA法の施行を延期している。

 

昨日、社会問題省は、政府は法律を明確にさせる期限2020年までの間、DBA法の取り締まりを厳しく追求しないことを決定したと明らかにした。

その代わりに、税務署は今年7月からDBA法違反の疑いのある個人や企業を探し出し、停止するよう警告を出す。

警告の後も継続する場合に限り、実際に罰金を科されることになる。

DBA契約が両当事者間に存在する場合には少なくとも2020年までは罰金は科されないと、 BNRが報告している。

 

今記事の提供元: オランダコンサルタント
フリーランサーDBA契約の作成、お問い合わせはこちらまで。







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で