オランダなう


オランダなう

© VVV Texel

オランダリゾート・テクセル島 深刻な人材不足

2018-05-13

オランダの海辺リゾートで働いてみたいという日本人に朗報かもしれない。テクセル島では今、深刻な人材不足が起きている。

 

北部オランダ、ワッデン海に浮かぶ島の中でもっとも大きな島テクセル(texel)は、オランダやドイツの観光客にも人気のあるリゾートだ。

島が保有する美しい砂丘の景色、動物保護エリア、白い砂浜と松林、テクセルは自然愛好家のための真の楽園だ。

 

2016年ロンリープラネット・トラベルガイドによる旅行先ベスト10でテクセルは1位に輝いて以来、テクセルの観光業は急成長しており、地元のビジネスも成長中だ。

 

しかし事業オーナーらは今、スタッフ不足問題に直面している。

雇用機関 Randstadによると、今年の第1四半期にテクセル(Texel)には630枠の求人がある。

特にケータリング業界では、労働者不足が深刻となっており、ウェイターや調理士の需要は非常に高い。

 

 

そして夏のピークシーズンに近づくにつれ、地元企業の心配はつのる。

多くの企業ではスタッフに残業を強いており、本来毎日営業を希望している飲食店でも、スタッフ不足により週3日の営業を強いられている実態がある。

 

数百人もの需要があるウェイターや調理師はどこから集めるべきなのか?

テクセルにいる人材では足りていないのは明らかで、地元企業はオランダ全国からの人材を募集する必要がある。

テキセル市役所は、今秋に調理学校を開校し、研修生のためのコンテナハウジングも提供する予定だ。

複数のレストランオーナーは、季節労働者に追加ボーナスとして住宅も提供している。

 

リゾートで働きたい人は、テクセル島にチャンスがある。