オランダなう


オランダなう

オランダ住宅ローン金利は今年上昇の見込み

2018-03-31

 オランダでの住宅ローン金利は今年上昇する可能性が高い。

 

これはローンアドバイザーDe Hypotheke氏による推測である。

 

予測される金利上昇は主に固定金利期間が10年以上の長期住宅ローンに関連する。

 

現在、住宅ローンの金利が非常に低くなっているのは、主に欧州中央銀行(ECB)の政策によるものだ。

この政策で金利が低くなり、経済を後押ししている格好である。

金利が低くなればなるほど、消費者や企業は費用や投資のためにお金を借りるコストが下がり、金利の安さで金融ローンが増えれば、再度経済成長を保証することになる。

 

しかし、EUの景気が回復している今、ECBは9月にこの政策を削減することを予定している。

そしてこのニュースが現在金利がやや上昇している理由であるとDe Hypotheker氏は指摘する。

 

近年、長期的な住宅ローンはますます人気が高まっている。

39%を超えるほとんどの人々は、低金利のために20年間の固定金利レートを選択する。

そして昨今では多くの人々(10%以上)がさらに長い30年の最長固定金利レートを選択している。