オランダなう


オランダなう

オンラインショッピングのオランダ

© ANP, via NOS

オランダ 偽オンラインショップの被害が増加

2018-02-06

オランダでは、偽造オンラインショップの数が爆発的に増加している。

 

AD新聞では、警察が詐欺店舗に対して対応を行なったのは、2016年の35回に比較して、2017年には438回に上っていることを報じている。

 

警察は昨年、オンラインショッピング詐欺に関する38,300件以上の被害苦情報告を受けた。

このうち5,500件は、注文品が遅れて到着となった後、撤回された。

警察は、商品を受け取った直後に商品が壊れたなど、消費者が感情的に騙されたと感じたケースについては、対応を行っていない。

 

偽造ウェブショップを利用した消費者は、注文した商品が全く届かない、または注文したものとは違うアイテムが届くなどの被害を受けている。

場合によっては、犯罪者は被害者のクレジットカード情報を使って、さらに多くの金額をだまし取っている。

 

また犯罪の団体らは、有名ウェブショップに似せたURLウェブサイトを作成していることもある。

たとえば、bcc.comは、よく知られている家電製品のウェブショップであるbcc.nlの偽クローンである。

 

被害者の平均被害額は197ユーロであった。

 







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で