オランダなう


オランダなう

オランダ全国で賃料上昇継続 現在の平均賃料はいくら?

2018-02-08

現在、オランダでの住宅の購入は非常に困難であるが、住宅の賃貸も容易ではない。

過去6ヶ月で、オランダの*民間賃貸住宅 の賃料は平均2.5%上昇した。

これは、不動産代理店協会NVMおよび不動産管理者協会VGMの数値に基づいている。

また、賃貸物件の平方メートル当たりの価格は3%上昇した。

価格の上昇は都市部でより多くなっている。

 

以下はオランダの複数都市での、民間賃貸物件の1平方メートル当たりの賃料と価格推移である。

  • アムステルダム(Amsterdam): 18,42ユーロ (9,9%上昇)
  • ロッテルダム(Rotterdam): 12,25ユーロ (10,2%上昇)
  • デン・ハーグ(Den Hague): 11,25ユーロ (4.2%上昇)
  • ユトレヒト(Utrecht): 11,01ユーロ (19.8%低下)
  • アインドホーフェン(Eindhoven): 10.93ユーロ (11%上昇)
  • デン・ボッシュ(Den Bosch): 10.86ユーロ (5.7%上昇)
  • フローニンゲン(Groningen): 10.37ユーロ (5.4%低下)
  • アメルスフォールト(Amersfoort): 10,27ユーロ (7.1%上昇)
  • アルメレ(Almere): 9.67ユーロ (18.6%上昇)
  • アーネム(Arnhem): 9.42ユーロ (9.1%上昇)

 

フローニンゲンでは、ガス採掘に起因した地震問題で住宅価格が低下していると見られる。

NVMとVGMによると、ユトレヒトでの価格の下落はおそらく、市中心部に空き物件がなく、より安いLeidsche Rijn地区での新規空き物件の増加によるものであろう、とされる。

 

州ごとでは、北ホラント州、南ホラント州、ユトレヒト州がもっとも高額となっている一方、フリースラント州がもっとも安い。

1平方メートルあたりの最高価格上昇率は、16.3%の記録となったフレヴォラント州であった。

 

低価格(賃料710ユーロから1,000ユーロ)の賃貸住宅の不足は依然として続いており、NVMによると、オランダ全土の民間賃貸物件の平均賃貸価格は月額1,000ユーロを超えている。

 

アムステルダムはもっとも高額な家賃の都市のままであり、住宅ポータルParariusによれば、新規入居者の支払う50㎡の1部屋のアパートの賃料は1,500ユーロ以上となっている。

 

アムステルダム市内の新規賃貸契約は、平均家賃が現在2,200ユーロを超えている。

 

*民間賃貸住宅

オランダには2種類のシステムがあり、公共の賃貸住宅と民間の賃貸住宅がある。

安い賃料で居住できる公共の賃貸住宅は、収入制限が設けられており、都市部での入居待機期間は14年等となっている。

民間の賃貸住宅は、政府により賃料の最低価格が決められており、現在の下限は710ユーロである。

 

 

 







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で