オランダなう


オランダなう

オランダのビジネスシーン激変 デジタル化、企業数大幅増加

2017-04-04

過去10年間で、オランダのビジネスシーンは劇的に変化した。

 

オランダ国家統計機関が示す、1つの顕著な例は、カフェバー、プリントセンター等の路面にある店舗数の減少である。

元店舗であった物件は、その代わりに、IT企業、コンサルティング会社、インターネットベースの企業のオフィスに置き換えられている。

 

2007年と比較して、衣服、花、骨董品などを販売する店舗数は4,280軒、減少した。

家庭用品店は1,320軒、カフェ・バーは2,170軒、スポーツ・ショップは900軒、プリント・センターは890軒、家電ショップは805軒、インターネット・カフェと電話ショップは400軒、減少している。

 

また、賃貸居住物件、賃貸オフィス、賃貸店舗の空き物件数は2,380件減少している。

 

この変化するビジネス環境の主な要因は、デジタル化である。

たとえば、従来の店舗の数は減少しているが、オンラインショップの店舗数は4倍に増加している。

 

その中で、オランダの企業数は大幅に増加している事実がある。

2007年にはオランダに登録されている企業は68万6千社であった。

現在はその数は103万社となっている。

 

興味深いことに、オランダに登録されている企業のうち、78万5千社が、個人が運営しているワンマン企業である。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で