オランダなう


オランダなう

オランダの個人事業主 経営が非常に良好と感じる人の数が上昇

2017-07-11

オランダの個人事業主は、2年前に比べ、自身の事業の経営状況について明るい見通しをしている。

 

オランダ統計局と情報組織TNOは、雇用者を持たない個人事業主6,000人以上にアンケート調査を実施した。

 

調査によると、今年は47%の個人事業主が、自身の事業の経営状況が非常に良好であるとしており、2015年の43%と比較して、その数は上昇している。

また、収入と仕事の数への満足感がわずかに増している。

 

事業の経営状況に前向きな気分は、特に、建設業界の個人事業主の間で強かった。

 

対照的に、事業の経営状況が非常に悪いと感じている個人事業主の割合は、2015年の27%から今年は24%にやや低下した。

 

調査によると、調査対象の8%が、収入の90〜100%は1件のクライアントに依存していることが示されている。

調査対象の12%は収入の60から80%が1件のクライアントからのものであり、また、調査対象の約3分の2は収入の40%までが1件のクライアントからのものである。

 

調査対象者の80%が障害者保険(AOV)を持っていないと答えた。

これらのほとんどは建設業またはレクリエーション業界の個人事業主であった。

その70%が理由として、障害保険が高すぎると答えた。

AOV保険を持たないその他の理由は、仕事をしない期間の十分な蓄えがあるからとの答えが多かった。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で