オランダなう


オランダなう

© CBS

オランダの失業率さらに低下 テクノロジー産業では人材不足が深刻

2017-11-16

オランダの失業率はさらに低下し続けている。

 

オランダ統計局は、2017年9月の4.7%であった失業率が10月には4.5%に下がったことを報告している。

 

オランダの失業率は、70万人が仕事に就いていなかった2014年以来、着実に減少し続けている。

2017年10月、失業者の数は40万4,000人となり、42%以上の減少となっている。

 

現在、860万人のオランダ人が企業に雇用されて働いている。

過去3ヶ月間にオランダの新規求人数は月平均15,000件増加した。

 

失業保険の給付を受けている人々の数も着実に減少している。

昨年10月には42万人が失業保険の給付を受けていたが、今年10月には34万3000人へと減少した。

これは2012年12月以来の最も低い数値である。

 

関連ニュースでは、オランダのテクノロジー産業は、オランダ経済において重要な役割を担っていくためには、緊急で的確な人材を雇用する必要があると述べている。

ING経済部の報告によれば、この産業では今後12年間で12万人の求人が埋められなくてはならず、企業の4分の1以上が、従業員不足が引き起こす大きな問題を抱えている。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で