オランダなう


オランダなう

オランダの新起業家の約半数は35歳未満

2017-12-17

オランダで事業を開始する起業家の約半分は35歳未満である。

 

これは、オランダ統計局での新しい報告により判明したものだ。

 

10年前、オランダの35歳未満の起業家は約40%であった。

 

現在は25歳未満の起業家数も急上昇しており、オランダの新しい起業家の平均年齢は現在38歳である。

 

若い起業家は店を始めることが多く、中年以降の起業家はコンサルタントであることが多い。

 

女性は、美容院やビューティーサロン、在宅ケア、育児のビジネスを持つ傾向がある。

実際、過去10年間に始まった在宅介護と育児事業の80%が女性によって運営されている。

 

非西洋移民の背景を持つ起業家は、卸売市場取引や食べ物や飲み物の場でビジネスを始める傾向が多い。

西側移民の背景を持つ起業家は、建設業やビジネスサービス業に比較的多いという事実がある。

 

2016年に事業を開始した16万1,000人の起業家のうち、60%近くが北オランダ、南オランダおよび北ブラバント州に登録されている。

 

アムステルダム市は、絶対的にも相対的にも、スタートアップの数が最も多い。