オランダなう


オランダなう

© CBS

オランダ企業 2018年は売上雇用投資がさらに成長と予測

2017-11-19

オランダの企業らは2018年に、売上、雇用、投資がさらに伸びると期待している。

 

これは、オランダ統計局、商工会議所、建設業経済研究所EIB、オランダ中小企業協会MKB、オランダ企業組合MKBVNO-NCWによる共同での報告書に示されたものだ。

報告書によると、全事業の30.4%が2018年に国内売上高が増加すると予想しており、14.6%は海外売上高が増加すると予想している。

全企業の17.7%が人材雇用の増加、10%は投資を増やすと予想している。

 

中規模企業(従業員数50〜250人)は、将来について最も積極的であった。

中規模企業では35.6%は2018年に国内売上高が増加すると予想しているのに比較して、大企業(250人以上の従業員)は32%、中小企業(従業員数50名未満)は25%であった。

 

すべてのパーセンテージは実質のパーセンテージとなっており、「そうは思わない。」と回答した企業の数を引いた数字となっている。

 

中規模企業はまた、2018年の国外セールスと雇用に見込みに関して、大企業よりも積極的であった。

投資面に関してのみ、大企業が一番積極的で、次いで中規模企業となっている。

 

この報告書によると、2017年第4四半期のオランダ事業信頼指数は13.4だった。

これは、第3四半期の開始時よりわずかに低いが、前年と比較すると高い数字である。

 

 

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で