オランダなう


オランダなう

オランダ建設業の労働者不足 フリーランサーは恩恵

2017-12-14

現在、オランダの建設業の労働者には大きな需要がある。

 

オランダ建設経済研究所(EIB)は、2018年から2022年の間に新規に55,000人の建設労働者が必要となると報告している。

特に今後2年間で、新建設労働者の需要は非常に高くなる見込みだ。

これは、EIBによると、オランダの経済が成長していることに加えて、定年退職となる人々のポジションが空くという事情に関係している。

 

EIBは、外国人や失業者の雇用などの、短期的な解決策では不十分だと述べている。

建設業界の失業率はすでに非常に低く、また、失業者のほとんどは55歳以上の人々である。

現在失業しているこれらの人々が再就職しても、空きは約3000件しか埋まらない。

 

建設業のフリーランサーは、より高い時間当たりの料金を請求することができるため、オランダの建設労働者不足から大きな恩恵を受けている。

EIBによると、オランダの建設労働者のほぼ半分は個人事業主である。