オランダなう


オランダなう

オランダ 料理人とウェイターの需要高まり 人材が大幅に不足

2017-10-10

オランダのホテル、飲食店などのホスピタリティ業界では従業員の不足が深刻であり、現在、料理人とウェイターの需要が急激に高まっている。

 

オランダのホテル/レストランとケータリング協会のKHN(Koninklijke Horeca Netherlands)は、ホスピタリティ業界からの求人は37,000人となると推定している。

それに加えて、他に料理人を募集している仕事が6,000件ある。

 

オランダ経済は成長しており、それに伴ってホテル、レストランの飲食産業の雇用も増えているが、新しい人材の数が追いついていないと、KHNのロベール・ウィレムセン氏は述べている。

ホテル/レストラン産業は時代とともに変化しており、新世代の人々のように考える必要があるとする。

 

KHNでは、ホテル/レストラン業界は、新しい労働者を引きつけ長期間雇用するための「長期的な」労働機会やその他のインセンティブを提供すべきであると提案している。

 

彼らが提案する1つのインセンティブは、ホテル/レストランで雇用されるスタッフにもっと自由な時間を提供することだ。

たとえば、フルタイムの仕事は週4日勤務とし、週末のうち1日は誰もが休みを取れる措置を行う。

 

住宅に対する支援を提供することは、特に大都市ではもうひとつの大きなインセンティブとなる。

高い賃料と都市部での住宅不足は、ホテル/レストランのスタッフにとって、そこで生活して働くことを困難にさせている。

 

KHNによると、ホスピタリティ業界は全国各地で成長しており、特にアムステルダム、フレヴォラント、ブランラントなどでその成長が顕著である。

 

業界の労働者の半分以上が35歳未満である。

 

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で