オランダなう


オランダなう

スイス国民半数以上 政府の携帯電話監視に同意

スイス国民半数以上 政府の「監視」政策に賛成

2016-09-26

スイス国民の有権者のうち約65.5パーセントは、政府に対し、電話、電子メールの監視、隠しカメラ、隠しマイクを設置することを可能にする新しい法律に合意した。

政府の諜報機関に強い力を与える政策への支持からは、スイス国民が一連のテロ、過激派の攻撃の可能性についてどれ程過敏になっているかを示している。

 

スイスは今まで、公共の監視については非常に後ろ向きであった。

スイスでのCCTVカメラの設置はまれであり、スイスプライバシー法により、Googleストリートビューでさえ、一部の地域で制限されていることを、BBCは述べている。

この動きの反対派は、スイスの人々の人権をリスクにさらすことになると恐れ、および、監視を増やすことで、必ずしも犯罪やテロ事件を減少させないと主張している。

しかし、ヨーロッパにおける最近のテロ事件は、多くのスイス国民の気持ちを変えているようだ。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で