オランダなう


オランダなう

携帯電話情報開示

今日15日からEU内のデータローミング料金廃止 料金プラン内で国外使用可

2017-06-15

今日6月15日から、欧州連合(EU)内でのローミング料金が廃止となった。

ローミング料金の廃止が意味することは、EU加盟国に居住している人々は、EU加盟国のどの国にいても居住国と同じ料金で、モバイル端末での通話、ショートメッセージ、インターネット接続が可能となる。

 

たとえば、もし居住国での携帯電話契約プランに1GBのデータ上限と100分通話分が含まれている場合、EU内国外で使用したものはそのプラン内から引かれることになる。

 

欧州委員会は、ローミング料金の適応廃止はEUの最大の成功の1つであると述べた。

 

以下の点には注意が必要だ。

加入プランを超越したデータや電話を使用する場合は、使用が行われたEU加盟国の料金での請求となる。

そのため、国外で使用する前には、十分なデータと通話可能時間があることを確認した方が良い。

請求を避けるためには、自国のプロバイダからデータ等をあらかじめ購入することも可能だ。

 

もうひとつ留意が必要な点は、EU内の国外にいる間の通話発信には余分な費用はかからないが、オランダから他の国への電話は国際電話とみなされ、通常の料金プラン内ではないということだ。

 

たとえば、フランスへの電車に乗っていて、オランダから電話をすると、国際電話料金が適応となってしまう。しかし、ベルギー国境を越えて同じ電話をすれば、国際電話料金は適応されず通常の通話料金となる。

 

国際電話料金はプロバイダによって異なる。ほとんどの場合、1分間に25セントの請求となり、Tele2社では1分間に90セントを請求している。

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で