オランダなう


オランダなう

欧州委員会の欧州難民危機問題対応

2015-09-09

欧州委員会(EC)はヨーロッパで起きている難民危機への対応計画を発表する運びだ。主にシリアからの難民は、近隣諸国の戦争、テロ活動や政情不安定などの問題を逃れるために、その命を大きな危険にさらして北ヨーロッパへと歩き続ける。今年、現在までに340,000の難民がヨーロッパへと流れてきた。

欧州難民危機問題ではイタリア、ギリシャ、ハンガリーの影響は深刻化しており、欧州委員会はこの問題を分担して対応するようヨーロッパ各国の協力を得るのに必死だ。

この新しい対応計画のもと、120,000の難民はEU加盟国各国で受け入れが分担される。イタリア、ギリシャ、ハンガリーの難民の6割ほどが、ドイツ、フランス、スペインに移動される。

各国での受け入れ人数についてはGDP、人口、失業率、難民の入国希望申請数によって決まる。

難民の受け入れ拒否をする国については経済的なペナルティーの支払いが必須だ。

この計画には、難民の不法入国を止めるために、中東やアフリカの国への経済的援助も含まれている。

ドイツはシリア難民を受け入れており、独自で今年800,000人、今後数年かけて、1年間500,000人の難民受け入れをするつもりがあると公表した。

チェコ・スロバキア、ポーランド、ルーマニアは受け入れの分担の提案に否定的である。

欧州難民危機はオランダにも影響を与えている。 今年、約35,000人の難民がオランダへ流入する見込みだ。政府は欧州が難民のための長期的な政策を発展させることを望んでおり、紛争の地域で難民申請を行った人達のみを受け入れる。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で