オランダなう


オランダなう

EU圏の国境外パスポートコントロールを強化

2015-11-21

EU圏の国境は外側でパスポートコントロールを強化し、将来的にはさらに厳格化することを、NOSが報じている。ブリュッセルで開かれたEU加盟国特別会議で司法大臣によって決定された。この会議は先週の金曜日のパリのテロ攻撃に対応して開かれた。

「シェンゲン内にが入ってくるのがどんな人物なのかと見極めることが肝要である。」と法務大臣は会議後に語った。 「現在は人々は国境を越えて自由に出入りしている。」

パリでの攻撃を犯したテロリスト数名は、EUからシリアに行っていることが判明している。しかし彼らがEUに戻った記録は残っていない。

どのようにこれらの厳格なコントロールが行われるか、まだ詳細は決められていない。しかし、ユーロポールとインターポールセキュリティの既存のデータベースがシェンゲン情報システムにリンクされることになる。この情報ですべてのシェンゲン協定加盟国は、国際捜査情報を持つことが保証される。

大臣が一つ確かなこととして追加したのは、人々はパスポートの提示をより頻繁に求められることになるということだ。それによりパスポートが本物か偽物かを見極めることができる。これは皆の安全を守ることになる。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で