オランダなう


© CBS

オランダの失業率 過去3ヶ月連続低下 被雇用者数上昇

2017-03-19

オランダの失業率は過去3ヶ月間低下しており、月平均では約9,000人程減少している。

 

オランダ国家統計機関は、現在の失業率は5.3%であり、47万3千人の失業者が仕事を探していると報告している。

 

2月の終わりには、被雇用者保険代理店(UWV)は41万6千人に失業給付金を支払った。

 

給与を取得している被雇用者の人数は、過去3ヶ月間に月平均1万3千人増加している。

 

オランダの失業率は、2014年初頭から低下傾向が続いている。

当初は、失業率の低下は15歳から44歳の間で顕著であった。

2年後には、45歳以上の失業者の減少が見られたが、この年齢層の低下割合は、より急速であった。

 

2016年後半から2017年初めにかけては、45歳以上の失業率はほぼ横ばいで約5%に留まっているが、45歳未満の失業率は引き続き低下している。

 





FOLLOW US