オランダなう


オランダなう

イチゴは使用農薬で他の果物より毒性が6倍高いという調査結果

2017-11-04

イチゴは、使用される農薬のカクテル効果(複数の農薬の相互作用)で、他の果実より毒性が6倍高いことがわかった。

 

昨年、オランダ食品安全局(NVWA)が行った調査で、様々な果物や野菜を分析した結果 、イチゴには、平均7〜8種類の有害化学物質が散布されていることが示された。

多くのイチゴには、17種類の化学物質が含まれていたという事実も、Trouw新聞が報告している。

 

食品規制当局は、個々の農薬の量は限度を下回っているため指摘を行っていない。

しかし、複数の農薬を一緒に摂取するというすなわち農薬のカクテル効果により、イチゴが他の果物よりもはるかに毒性を含むことになると、専門家はTrouw新聞で述べている。

 

また同新聞では、「すでに有害物質は果実に浸透しており、果物を洗うことはほとんど意味がない。」と指摘している。

 

専門家は、食品に散布された殺虫剤や、他の化学物質の総量とそれらを組み合わせた効果を調べることが重要だと述べている。

いくつかの化学物質は、単体では無害であったとしても、他の化学物質と組み合わせることにより、毒になる可能性がある。

 

2005年から開始されたEU法によれば、食品規制当局は、食品中の化学物質の複合的な影響を検討すべきであるが、その標準的な調査方法についてはまだ合意されていない。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で