オランダなう


オランダなう

オランダ がん早期発見の尿検査開発 数分で15種類のがん検出

2017-11-18

オランダでは、がんの早期発見が可能な新しい尿検査の開発が進んでいる。

 

高名なオランダのがん専門医、ボブ・ピネド(Bob Pinedo)博士は、アムステルダムのVUメディカルセンターとTwente大学と共同で、数年以内に利用可能になると期待される新しい検査に取り組んでいる。

 

この尿検査では、実施から数分以内で早期の15種類のがんが検出可能となる。

 

初期での発見を可能とするこの検査では、がんによる身体への損傷を軽減するだけでなく、早期に治療開始することができるため治療費も大幅に削減する。

 

De Telegraaf新聞へのインタビューで、ピネド博士は、がん予防は早急に必要とされており、早期にがんを治療すれば、がんの転移を抱える人も少なくなると語った。

癌の徴候の段階での治療は後の転移を防ぐことができる。

博士はまた、新しい特別な放射線療法のおかげで、将来的にがん手術は必要でなくなるかもしれないと期待している。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で