オランダなう


オランダなう

オランダでの主要な死因第1位は認知症

2016-06-30

オランダにおける主要な死因は、認知症、次いで肺がんである。

国家統計機関は2015年に14,000人のオランダ人が認知症で死亡したことを報告し、これはオランダの総死亡者の10%を占めている。

2014年と比較し、認知症での死亡者は1,437人の増加となった。また、認知症で死亡した女性の人数は男性の2倍以上の数を占めている。

 

肺癌は10,420人の死亡件数で、第3の死亡原因としては脳卒中の9609人のであった。

 

死亡原因のトップ10の中では、4種の癌(肺、結腸、乳房および膵臓)が最も一般的であり、44,000人の命を奪った。

オランダの去年の公式な死亡者数は、147,000人となった。

 

画像著作権: CBS






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で