オランダなう


オランダなう

オランダの研究 ヘビースモーカーの寿命は13年短いことが判明

2017-09-15

ヘビースモーカーの平均寿命は、非喫煙者よりも13年も短い。

オランダ統計局とユトレヒトのTrimbos研究所が行なった新たな調査によると、1日20本以上のタバコを吸う人々(ヘビースモーカー)の23%が65歳まで生きていない。

 

研究者は、2001 – 2006年度の健康調査のデータを使用し、今年、その時点で調査に参加した喫煙者と非喫煙者が、死亡しているかどうか、また死亡したのはいつであるかを再調査した。

予想通り、重度の喫煙者の多くは死亡しており、またその原因は、肺がんや心臓病が最も一般的であった。

 

この研究では、中等度喫煙者の16%(1日20本まで)が65歳まで生きていない一方で、毎日喫煙しない喫煙者は11%であることが示された。

比較して、非喫煙者では、7%のみが65歳より前に死亡している。

 

禁煙をすることは価値があると研究で示されている。

35歳までに止めた元喫煙者は、全く喫煙していない人と同様の平均余命を持っている。

50歳前後で喫煙をやめた人々は、死亡リスクを半減させた。

 

この研究では、過去15年間で、オランダのヘビースモーカーの割合が10%から4%に、中度の喫煙者が18%から14%に減少したことも示されている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で