オランダなう


オランダなう

オランダ 交通騒音の子どもの発達遅延への影響 大規模調査へ

2017-04-11

交通騒音が子どもに及ぼす影響に関し、長期的かつ大規模な調査がオランダで実施される予定だ。

 

国立環境衛生研究所(RIVM)は、交通騒音がどのように発達に影響を与えるかを見るために、妊娠から成人に至るまで数千人の子どもたちを追跡する計画をしている。

 

ドイツのヴッパータール大学の最近の研究によると、交通騒音の多い地域に住む5歳の子どもは、運動能力、言語、数学能力の開発において3ヶ月遅れていることが示されている。

発達遅延の原因は騒音に起因する睡眠不足であった。

 

RIVMの研究では、交通騒音による子どもへの長期的な影響、特に発達的に遅れている小さな子どもにとって、後に追いつくためにはどの程度困難であるかについて焦点を当てる予定である。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で