オランダなう


オランダなう

オランダの原子力発電

© Bodoklecksel via Wikimedia Commons

オランダ 原子力発電所の近隣住民へヨウ素配布

2017-04-22

原子力発電所の近くに住む140万世帯のオランダの家庭へ、緊急時用のヨウ素の錠剤が配られる。

 

今年9月から、原子力発電所から10〜20キロメートル以内に住む40歳未満の人々は、郵便でヨウ素錠剤が届けられると、RTL Nieuwsは報じている。

18歳未満へは、原子力発電所から100キロメートル以内の住人を対象としてヨウ素錠剤が配られる。

錠剤は、原子力発電所で、万が一の事故が起きた場合にのみ摂取される。

 

オランダは、ゼーランド州(Zeeland)のボルセラ(Borssele)に、唯一の原子力発電所を所有している。

しかし、ドイツのEmslandの原子炉、ベルギーのDoelとTihangeの原子炉は、オランダの国境から遠くない。

そのためオランダ政府は、これらの原子炉の近くに住む人々のための予防措置を講じることを望んでいる。

 

これらの地域に住む妊娠している女性は、胎児のために、医者またはミッドワイフから錠剤を得ることができる。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で