オランダなう


オランダなう

オランダ新型出生前診断は国が補助

© NIPT

オランダ 新型出生前診断NIPT料金は国が補助

2016-09-21

来年4月からオランダでは、新型出生前診断(NIPT) を受けることを希望するすべての妊婦は補助金を受け取ることが可能になる。

新型出生前診断(NIPT)とは、妊婦の血液からダウン症候群など胎児の染色体異常を調べることができる検査である。

異常が発見された場合、妊娠中の女性は中絶を選択することが可能となる。

 

2017年4月からは、オランダで妊娠中の女性は、新型出生前診断の料金は175ユーロの負担のみの支払いとなる。

これは、火曜日に発表された2017年度の国家予算で発表された。

 

しかしこの出生前診断テストには、議論の余地も残されている。反対派は、胎児がダウン症候群の可能性があるとされた両親は中絶のプレッシャーがかけられると主張している。

 

現在は、医学的必要性がある場合を除き、診断には個人で全額の負担となっている。加入の保険の種類によってはカバーされることもある。

 

画像著作権: NIPT





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で