オランダなう

オランダなう


オランダ 皮膚がんの患者数が急増

2017-06-30

オランダの公共衛生研究所RIVMは、皮膚がん患者の数が今後20年間で少なくとも2倍になると予想している。

 

RIVMの行なったUVの人体への影響に関する新しい研究では、最悪の場合、患者数は5倍まで上がる可能性がある。

 

毎年オランダでは、約51,000人が何らかのタイプの皮膚がんと診断されている。

 

そのうち5,500人に悪性黒色腫(メラノーマ、最も危険なタイプの皮膚がん)の診断があり、約900人が死亡している。

 

RIVMは、オランダはヨーロッパ各国で、スイスについで2番目に皮膚がん罹患率が高いと述べている。

 

1990年以来、症例数は4倍に増加している。

 

特に現在の高齢者たちは、1960年代と1970年代には日焼け止めなしで日光に当たっていたため、罹患率が高い。

 

RIVMは、皮膚癌の治療には年間約3億2500万ユーロの費用がかかると見ており、患者数の上昇が続くとコストはさらに大きくなると述べている。

 





FOLLOW US