オランダなう


オランダなう

オランダ 臓器提供にyes unless(拒否がなければ合意)のシステムを導入へ

2016-09-14

火曜日にオランダ議会はオランダの臓器提供者に「yes unless(拒否がなければ合意)」システムを確立する運動に合意した。

法案が実施されば、人々は臓器提供者のリストから取り出すことを要求しない限り、オランダの誰もが、臓器提供者とみなされる。

 

NOSによれば、すべての18歳以上のオランダ人は、臓器ドナーとなるか否かを尋ねる手紙を取得する。

もし送られてくる手紙2通に応答しない場合、自動的に臓器提供ドナーとして登録されることになる。

しかし、この選択は常に変更することができる。

またあらかじめ、自身の死後の臓器の提供の意思を誰かに委ねることもできる。

 

1998年に設定された、オランダでの臓器提供に関する現行の法律では、精神的に問題のない誰もが、臓器または組織の提供ドナーとなることを選択することができる。

この選択が行われていない場合は、決定は親族に委ねられる。

 

NOSによれば、約40%のオランダの人々は現在、臓器ドナーに登録している。

 

D66党の議員は、この動きは、臓器または組織の移植リストとなり、臓器の提供を待っている患者にとって朗報であると語った。

オランダでは毎年150人が、臓器提供者が見つからないことを理由に命を落としている。

 

画像著作権: ANP via RTL Nieuws





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で