オランダなう


オランダなう

オランダ IVF(体外受精)の年齢制限を50歳に引き上げ

2016-09-29

オランダのエディス・スキッパーズ保健大臣は、オランダの女性のためのIVF(体外受精)治療の年齢制限を、条件下で50歳に引き上げることを昨日の議会で発表した。

現在、自身の新鮮な卵子を使用した体外受精の年齢制限は43歳までであり、ドナー提供の卵子使用や、43歳以下の時に採取した自身の凍結卵子を使用した体外受精の年齢制限は45歳となっている。

 

新しく改定されたルールでは、50歳までの女性が体外受精を行うことができる。しかし、条件としては、自身が43歳以下の時に採取した凍結卵子を使用することであり、新鮮な卵子を使用する場合には年齢制限は43歳のままである。

スキッパーズ大臣はまた、体外受精の健康保険の適用範囲は変更されないことを指摘した。

治療は現在、43歳までに(基本パッケージの場合)最大3回まで保険でカバーされており、カバーに変更はない。

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で