オランダなう


オランダなう

死亡の医師 秘密裏に精子提供か 子どもらがDNA検査を訴え

2017-04-25

元、精子提供診療所を介して生まれた子どもたち(現、成人)は、死亡した医師の体のDNA検査を実施するよう求めている。

死亡の医師は生前、自分を少なくとも60人の父親であると主張していた。

 

ロッテルダム近郊のビードルプ(Bijdorp)医療センターで働いた医師、ヤン・カールバット(Jan Kaarbat)は、1ヵ月前死亡した。

医師が死亡する前、子どもたちはすでに、カールバット医師に対してDNA検査の法的手続を開始していた。

現在彼らは、医師の亡骸を使ったDNA検査を希望している。

 

医療検査機関は、この診療所にて書類の多くに不備を見つけ、2009年に同診療所を閉鎖させた。

 

昨年、精子提供者に関する多くのデータは事実でないことが明らかになっていた。

 

医師が死亡する前に面会した36歳の女性は、自身が少なくとも60人の子どもの生物的父親であることを認めていたと、語っている。

 

AD新聞へのインタビューで女性は、医師が、

「世界に自分自身の何かを与えたい。倫理や子どもへの影響は気にしない。」

と語っていたと証言している。

医師は女性からのDNA検査の要求を拒否し、

「知ってどうするのですか?ここでクリスマスを祝いたいんですか?」

と発言したという。

 

オランダの法律では、精子ドナー1人あたり、6人までの子どもへの提供と定められている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で