オランダなう


オランダなう

認知症リスクを上昇させる9つの生活習慣

2017-07-21

国際的な研究では、9つの生活習慣の改善で、認知症のリスクを軽減できることを示している。

24人の国際的な専門家の研究をまとめたこの報告書では、生活習慣は、個人の痴呆リスクを増減させる上で大きな役割を担っていると述べている。

 

認知症の3例のうち1例は、9つの重要な生活習慣要因に気をつけることによって、予防することができる。

 

これらの予防可能な9つのリスク要因を合計すると、痴呆リスクの35%に計上される。

()内はリスクの上昇割合

中年聴力障害を治療しない(9%)
中等教育を完了させない( 8%)
喫煙 ( 5%)
うつ病の早期治療をしない(4%)
身体を動かさない ( 3%)
社会的に孤独である( 2%)
高血圧 ( 2%)
肥満 (1%)
2型糖尿病の治療をしない(1%)

 

他の65%の認知症リスクは予防が不可能であると考えられている。

 

研究は、医学雑誌ランセット(Lancet)に発表され、ロンドンのアルツハイマー協会国際会議でも発表された。

世界中で推定4,700万人が痴呆に罹患しており、2050年には1億3千100万人がこの疾患に罹患すると予想されている。

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で