オランダなう


オランダなう

#オランダ #タバコ陳列禁止 #喫煙率減少

2022年オランダでのタバコ陳列販売禁止 喫煙者は最近増加傾向

2017-07-05

2022年以降オランダでは、タバコや他のタバコ製品を目に見える場所に陳列販売することは禁止される。

 

オランダのタバコの自動販売機は食品事業で禁止され、タバコやタバコ製品を販売するドラッグストアやガソリンスタンドなどの企業では、タバコを顧客から見えないようにする必要がある。

 

スーパーマーケットではこのルールを2020年から実施する予定だ。

 

唯一の例外はタバコ屋であるが、ショーウィンドウにはタバコやタバコ製品を陳列できない制限を受ける。

 

オランダには1万3000台のタバコ自動販売機があると、RTL Nieuwsが報じている。

 

保健省のファン・ライン副大臣は、RTL Nieuwsに、この計画はタバコの購入をより困難にするとし、喫煙が減る政策はどんなものでも良い、と語った。

 

しかし最新の統計によると、オランダの喫煙者は5年間減少傾向にあったが、再び増加傾向にあることが判明している。

2016年には100億本のタバコに火がつけられており、2015年に比べて2億本増えていると、AD新聞が報じている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で