オランダなう

オランダなう


AMC、手術室に飛行機のブラックボックス導入

2016-06-07

アムステルダムのAMC大学病院は、患者の安全性向上を目的として、手術室の20ルームのうちの1ルームで「ブラックボックス」を導入しはじめた。

この「ブラックボックス」によるモニタリングシステムでは、手術に関するすべての情報を録音する。これにより、心拍音や、手術室の出入り人数までが細かく記録される。情報は、外科医の技術向上と問題の可能性についての分析に使用される。

手術中に何か問題が発生した場合には、患者側はこの情報へのアクセスを要求することができるようになる。しかし原則的には情報は2日後に破棄される。

また録音された情報は、患者と医療スタッフのプライバシーを保護するために声には音質が変更される。

手術室という密室で行われる、医療ミスを防ぐ上で一石を投じるシステムとなりそうだ。





FOLLOW US