オランダなう


オランダなう

© L. Hanssen, Hannover/Niedersächsisches Landesmuseum, via NRC.

アムステルダム市立美術館モンドリアンの贋作を所有していたことが判明

2017-09-09

アムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum)は、偽物のモンドリアン絵画を2年間所有していたことがわかった。

 

絵画はスイスのコレクターから借りていたもので、今年のDe Srijlイベントで一般に公開される予定だった。

幸いにも、イベントの前にこの絵画が贋作であったことが判明している。

 

贋作であることが発見されたのは、アムステルダム市立美術館がブリュッセルのボザール美術館での3ヶ月の展示会のために、この絵を貸し出している最中であった。

この展示会を訪れた文化史家でありモンドリアンの伝記作家、レオン・ハンセン氏の目がこの絵に注目した。

ハンセン氏によれば、本物の絵は第2次世界大戦中に失われている。

氏の報告により調査が行われ、結果的にスイスのコレクターはどのように絵を入手したかを説明できなかった。

 

その後、レストランオーナーが所有している本物の絵の古い白黒写真から、絵が偽物であることが証明された。

 

偽物の絵の黒い線はオリジナルよりも太く、モンドリアンのサインは間違った場所に入れられている。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で