オランダなう


オランダなう

オランダを去る難民申請者の数倍増

© IOM

オランダを去る難民申請者の数倍増

2016-07-09

2016年の前半、オランダに来た難民申請希望者は、前年同期に比べて倍数がオランダを去る事を選択した。

国際難民機関(IOM)によると、同機関による、難民の自主的送還と自国での再起への介助(AVRR)により、前年同期の1288人と比較して、2500人の難民が2016年にオランダを後にした。

退去の難民のほとんどは、アフガニスタン、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、インドネシア、イラン、イラク、コソボ、モンゴル、セルビア、ウクライナから来ていた。

これは、過去数十年でみても最大の自主的送還の数となっていると、IOMは同機関のウェブサイト上で述べている。

 

現在の難民申請者の傾向をみると、今後さらに自主的帰国の難民が増加すると予想される。

画像著作権: IOM





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で