オランダなう


オランダなう

オランダ人イスラム教徒に対する理解

オランダ人の7割がイスラム教徒との差の広がりを心配

2016-09-20

オランダ人の70%近くは、オランダにおける「イスラム教徒」と「非イスラム教徒」の間の「差」が大きくなるのを心配している。

 

イプソスの調査では、オランダ人の大半が近年、「イスラム教徒と非イスラム教徒の間で違いが広がっている。」と感じており、そして43%は「心配の必要が大きくなっている。」と感じていることが明らかになった。

 

調査ではまた、対象者に対し、「テロ攻撃への恐怖が近年で大きくなっているかどうか?」を尋ねた。

70%の人々は、テロに対する恐怖は近年で、「大きくもなっていないが小さくもなっていない。」と回答した。

29%は恐怖は「大きくなっている。」と答えた。

「テロへの恐怖が少なくなった。」と答えた人はほぼ皆無であった。

 

また、オランダ人は、EUへの難民の流入を止めるトルコとの契約には、「ほとんど」あるいは「まったく」自信を持っていない。

半数以上はこの政策に対し、「全く自信がもてない。」とし、3分の1は「少し自信がある。」とし、そしてわずか100分の1は、「大いに自信がある。」とした。

残りの人々は、「知らない。」と答えた。

 

オランダ人はまた、「富裕層」と「貧困層」、「高スキル」と「低スキル」の人々、「高齢者」と「若者」の中に生じている差の広がりを心配している。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で