オランダなう

オランダなう


オランダ富裕層 預金にかかる税金を避ける新方法を利用

2017-08-11

オランダの富裕層は、預金にかかる税金を支払わずに匿名の預金ができるFGRという新しい方法を利用している。

FGR(Fonds voor Gemene Rekening)は、グループによって開設される一種のミューチュアルファンドだ。

 

FGR保有者は、1つの銀行口座にお金を入れているが、ビジネスや協会などとは異なり、FGRではトレードレジスターに登録する必要はない。

 

しかし、税務署はそれを民間資産ではなく、企業資産の一種と見なしている。

したがって、メンバーはそのお金に富税を支払う必要はない。

金利からの利益に対する法人税と所得税のみである。

 

たとえば、2人がそれぞれ50万ユーロをFGRに入れ、金利が1%の場合、預金総額100万ユーロに対した利息総額は10,000ユーロになる。

20%の法人税は2,000ユーロで、残りの8,000ユーロの所得税は25%、つまり2,000ユーロだ。

したがって総税額は4,000ユーロとなり一人分は2,000ユーロである。

 

しかし、それぞれの人が50万ユーロを普通の銀行口座に入れれば、約6,900ユーロの富裕税を支払わなければならない。

したがって、FGRは約4,900ユーロの税金を節約可能となる。

 

FGRのもう1つの利点は匿名性です。それはトレードレジスターに登録されない仕組みのため、メンバーは匿名のままである。

 

FGRは多額の預金に最大の利益をもたらし、10万ユーロ以下の預金にはほとんど節税とならない。

 





FOLLOW US