オランダなう


オランダなう

オランダ市民 経済状況により楽観的になっているという調査結果

2017-09-29

オランダの人々は、以前に比べ経済的な状況についてより、楽観的である。

これはオランダ財務省の金融情報機関、Wijzer in geldzakenが公開した年次報告書、[Monitor financieel gedrag 2017] によって明らかになった。

報告書は、オランダの大人1000人以上を対象にした調査に基づいている。

 

調査では、自身の経済状況について、57%の人々が良い、または非常に良い、と答えた。

また、大変満足している、と答えた人は、53%に上った。

自身の経済状況を大変満足であると返答した人々は、2015年の調査では47%、2013年は41%であった。

 

2015年と比較して、オランダの人々は現在、より慎重にお金を管理している。

52%は、自身のお金について常に非常に気をつけている、と答えた。

 

近年オランダの人々は、支払いについても時間を厳守する傾向にあり、77%の人が請求期限の前に支払いを済ます。

2015年には請求期限前に支払いをする人は73%であった。

オランダ市民の約3/4は過去4年間に支払いの再請求書を受けとっていない。

 

オランダ市民は自身の来年の経済状況については、悪化でなく、むしろ改善を予測している。

30%は経済状況が来年改善すると考えており、57%は安定を予測しており、13%は経済状況が悪化すると予測している。

これに対し、2015年には27%、2013年には17%のみが改善を予測していた。

 

半数以上は、自身の主な収入がなくなっても、少なくとも6ヶ月間は今の生活を継続できると回答している。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で