オランダなう


オランダなう

オランダ 攻撃的な客の行動/モンスタークレーマー 社会問題に

2017-10-08

オランダのショップ店員4人に1人が、客からの暴力や攻撃的な行動を経験している。

小売業協会 Detailhandel Nederland の報告によると、客からの攻撃的な行動は深刻な社会問題になっている。

 

モンスタークレーマーともよばれる、客による攻撃的な行動の主な理由は、「不満がある。」(36%)、「万引きへの対応がひどい。」(34%)、「商品の欠品」(23%)などのクレームであった。

 

ベビーフード商品は、一度に購入できる量に上限があるため、客の問題行動につながる事が多い。
年齢確認を行うことも、攻撃的な行動のもう一つの理由となっていることが報告書で示されている。

 

客による攻撃的な行動は、店内のみに限定されるものではない。

12店舗のうち1店では、恨みをもつ客による、インターネットやSNS上での、ショップに対する悪質なレビュー、コメント、ビデオを投稿された経験をしている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で