オランダなう


オランダなう

オランダ 血の繋がりのある親の1人の方と暮らす子供が増加

2017-12-18

生物学的な親のうち片親と生活をしているオランダの子供の数は過去20年間で増加している。

 

オランダ統計局は、2015年にはオランダの60万人の子供がその生物学的両親のうち、1人としか生活していないと報告している。

20年前、1995年には20万人だった。

 

約30万人の子供が離婚を原因として両親と一緒に暮らしていないが、加えて、独身女性の出産数が急増している。

 

関連調査では、2009年に政府が離婚後の共同育児を推進して以来、離婚後の父母と平等に生活をするスタイルが支持を強めていることもわかっている。

 

離婚した夫婦の約25%が共同育児を選び、選んだ元夫婦の80%が少なくとも2年間はそれを維持することができている。

オランダ統計局は、両親が富裕層で、異論が少なく、個人的な問題を抱えていないケースで、共同育児は最も成功していることを発見した。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で