オランダなう

オランダなう


オランダ的年越し、7つのすすめ

2015-12-30

オランダで大晦日を過ごし新年を祝うための正しい方法とは?

オランダには大晦日から新年の過ごし方に伝統的な行事があります。中にはちょっと変わった伝統行事も。オランダでオランダ人のように年越しをしてみよう!

1花火をする
オランダでは年越しを祝うための花火は自分たちで打ち上げる。 オランダでは法律で許可された打ち上げ用花火が12月29日から13日の間に購入出来る。そして、導火線に火をつけることができるのは大晦日31日の午後6時から元旦の午前2時までと決められている。
ただし、自分で花火を打ち上げなくとも運河沿いを歩けば、各地で打ち上がる花火を堪能できるので見物も楽しい。
アムステルダムにいるなら 海洋博物館でのカウントダウン花火へ。お祭り騒ぎでごった返している喧騒を楽しめる。

2 新年の宝くじを買う
オランダの国運営の宝くじの新年用宝くじの賞金は今年は3,000万ユーロ(39億6千万円相当)となっている。幸運を祈ります!

3 極寒の中を泳ぐ
オランダでは元旦は伝統的に海や湖への新年のダイビング「Nieuwjaarsduik」で祝われる。その日がどんなに極寒であろうとも、毎年25,000人程が凍える水に飛び込むのだ。海や湖に飛び込むことができる場所はオランダ内に60箇所設定されている。最も大きなダイビングが開催されているのは、1万人以上の人々が参加するスヘフェニンゲンのビーチだ。

4 oliebollen(オリーボレン)とappelflappen(アップルフラッペン) を食べる
オリボーレンとはドーナツに砂糖をまぶしたものであり、アップルフラッペンとはアップルパイのこと。どちらもオランダの大晦日や新年に伝統的に食べるスイーツだ。

5 テレビ番組を見る
のんびり、だらだらと新年を迎えたい人には自宅のテレビでアムステルダムの花火中継を見るのがおすすめだ。NPO1のチャンネルで花火の生中継が行われる。

その他のオランダの伝統的新年のテレビ番組は
「Oudejaarsconference」コメディアンのトークショー
「Nieuwjaarsconcert」ウィーンの新年のクラシック音楽コンサート「Schansspringen」スキージャンプのショー

6 ラジオを聞く
その他のオランダの伝統的年越し行事に、NPOラジオの2つの局で行われる Top2000 ラジオ音楽番組がある。オランダにとって年越し定番のこの番組は、テレビかインターネットでも視聴可能だ。毎年、クイーンの「ボヘミアンラプソディー」がベスト1に輝くのが定番だったが、今年はジョン・レノンのイマジンが1位となりそうな予測となっている。 

7 握手とキス
大晦日から明けて12時を回ると、皆があけましておめでとうを意味する「Gelukkig nieuwjaar」または 「de beste wensen」と言いながら、お互いに握手とキスを交わす。周りにいる人たちと握手とキスをして新年が良い年になることを祈ろう!

 

 

 





FOLLOW US