オランダなう

オランダなう


オランダでの最低賃金はいくら?2019年版

2019-01-27



日本人がオランダに移住し、就労した時に知っておくべき最低賃金のこと。

「オランダの最低時給はいくら?」

「私の給料は安すぎませんか?」

このような質問を受けることがあります。

今記事では、オランダで定められている就労の最低賃金について解説いたします。

オランダでの最低賃金法

オランダで雇用される全ての人々は、決められた最低賃金を受け取る権利があります。

この最低賃金とはオランダで雇用される場合、アルバイトや正社員にかかわらず、あなたが受けとらなければならない最低の金額です。

この最低賃金の設定では、不当に安い賃金での労働からあなたを守ります。

政府は過少支払いに対する厳格な措置を取っており、雇用者には高い罰金を課すことができます。

2019年のオランダの最低賃金は

年2回、期間中の雇用のための最低賃金が政府から発表されます(1月1日と7月1日)。

オランダで働く22歳以上の人々が受ける最低賃金は、2019年の前半の決定では、月に€ 1,615.80(約21万円)、週に€ 372.90(約4万8,000円)、1日は€ 74.58(約9,600円)です。

この数字はフルで勤務した場合の金額となっており、週の勤務時間が40時間または36.38時間が一般的なフルタイムでの勤務時間です。

若い従業員(15歳〜21歳)は、若年者向けに決められた最低賃金を受けることができます。

最低時給は設定されていませんので、上記のフルタイム勤務の賃金から計算することになります。

たとえば、あなたの雇用先が週40時間労働のポリシーであれば、最低時給は、週ごとのレート(€372.90)を40時間で割り、時給は=約9.32ユーロ(約1,212円)となります。

*レートは1ユーロ130円換算の場合。

パートタイム、アルバイトの場合の最低賃金計算

もしパートタイムで働いた時に場合に、自分の給与が最低賃金を下回っていないかを調べたい場合には、、、

  1. 労働をした時期に定められた週の最低賃金をチェック。
  2. 勤務先で決められた、1週間のフルタイム就労時間をチェック。
  3. 最低賃金を1週間のフルタイム時間で割る。
  4. 結果の数字に自身で働いた時間をかける。

これが最低賃金として受け取らなければならない数字となります。

オランダでの給与が不当に安く支払われたら?

「自分の給料が法外に安く支払われている。」

計算の末、自分の給与が安すぎることに気が付いた時、やらなくてはいけないこととは?

オランダの法律により、あなたの給料明細書には、残業支払い、パフォーマンス関連の給与、あなたの基本給を含む給与のすべての詳細が一覧表示されることが義務付けられています。

支払われた給与が不当に安いかどうかを確認することができるように給料明細書には、法定最低賃金と最低休暇手当が明記必須となっています。

自分が貰うはずの金額より少ない額が支給されていると思ったら、まずは雇用主にそのことを伝えます。

その上で、もし雇用主が支払いに合意しない場合には、社会問題と雇用の組合SZWに問い合わせをしましょう。

あなたに不当に安い賃金が支払われている場合には、雇用主は従業員に差額を4週間以内に支払うことが定められています。

こちらが遂行されない場合は、SZWの調査が入り、従業員一人につき一日当たり最大500ユーロの違約金の支払いを課すことができます。

ペナルティは、従業員一人当たり上限が最大40,000ユーロまで定められています。

(今記事は2019年1月情報をアップデートしました。)

記事の提供元:オランダコンサルタント
オランダ移住サポート、税務サポート、オランダでの賃貸物件探し等のサポートはこちら。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US