オランダ永住権またEU永住権取得

2018-11-03

オランダへの移民の中でもともとの国籍も保持したいという人は、永住権の取得を最終的な目的とすることが少なくありません。

永住許可は、オランダに無期限に暮らすことを可能にします。また、扶養家族としての居住許可や雇用/個人事業主としての居住許可に付帯された条件からも解放されます。
さらに、雇用や起業、教育、職業訓練、社会扶助、そしてEU市民が利用できるすべての商品やサービスに制限なしでアクセスできるようになります。
実際、永住権を持つということは、オランダ国籍保有者とほぼ同様のすべての権利を持っていることを意味します。主な違いは、永住権では、国民投票に参加できないことと、警察や軍隊など特定の(政府)分野で働くことができないことです。


オランダの永住権またはEU永住権?

オランダで申請できる永住権は2種類あります。

オランダの法律に基づくオランダの永住権(タイプII)

または、

EUによって実施され認定される、 EC永住権 「long-term resident EC」 (タイプV)

です。

実は移民局INDではオランダの永住権を申請すると、自動的にEUの永住権「long-term resident EC」の資格があるかどうかを確認します.

EU永住権 「long-term resident EC]」取得の最大の利点の1つは、英国、アイルランド、デンマークを除いて、他のEU加盟国での居住許可を簡単に申請できることです。

EUのその他の国に居住する権利の他には、オランダの永住権とEU永住権にはあまり違いがありません。実際、ほとんどの人がEU永住権を同時に取得します。
申請の条件はほぼ同じでわずかな違い以外、申請手続き、手数料も一度で行えます。


オランダ永住権の条件

オランダの永住権を申請するには、一定の条件を満たす必要があります。 これらの条件のほとんどはすべての申請者に適用されますが、一部の例外はあります。
下記に示す条件はオランダに移住の日本人ほとんどに当てはまるものです。


オランダ永住権の申請方法

すべての条件を満たすか、例外の対象となる場合、永住権をINDに申請することができます。
INDは、最初EU永住権の申請者(タイプV)として条件を満たすかどうか確認します。 当てはまらない場合には、オランダ永住権(タイプII)の条件を満たしているかどうかを確認します。 このために別の申請書を提出する必要はありません。
いずれかの永住権も取得する資格がない場合、INDは、現在の居留許可延長条件を満たしているかどうかを自動的にチェックします。 ここでも別の申請書を提出する必要はありません。
両方のタイプの永住者のための申請書式は同じで、2018年6月現在の手数料は、大人の場合は161ユーロ、18歳未満の場合は51ユーロです。
必要書類を全て提供した後、IND申請の決定には通常約6ヶ月かかります。

永住権申請についてのご相談、永住権を見据えた居住許可申請、税金申告のご相談はオランダコンサルタントへ。

今記事の提供元:
オランダコンサルタント:
オランダ移住に関する各種手続き、税務サポート、オランダ住居賃貸契約のサポート、お問い合わせはこちらまで。