オランダなう

オランダ政府コロナ拡大を受けての23日発表の新政策概要

24-03-2020

オランダ政府は、23日の午後7時に首相会見を行い、オランダのコロナウイルス感染拡大に戦うための新しい政策を発表した。
マーク・ルッテ首相は会見で、この対策を「インテリジェント」な、ロックダウンと呼んだ。
首相はまた、現時点では、完全なロックダウンは現時点は必要ないが、うまく機能しなければ、次のステップに進む可能性があると国民へ警告した。
同日に行われた、イギリスのボリス首相の会見では、国民に「外に出ないでください」と呼びかけられ、散歩も1日1度だけなど、オランダと比較して、より強い自主隔離要請となっているが、オランダの「インテリジェント・ロックダウン」で、コロナウィルスの感染拡大が抑えられるか、今後の状況が注視される。

新しい政策概要は以下の通り。

(記事は広告の後に続きます。)

学校や飲食店、ジムやセックスクラブなどはすでに発表通り、4月6日まで閉鎖されているが、こちらの閉鎖措置が延期継続となるかどうかの判断は、現在の閉鎖期限までに決定される。