オランダなう

オランダコロナ危機 4月15日ルッテ首相と保健省大臣による会見内容

16-04-2020

Source: NOS

オランダのマーク・ルッテ首相と保健相大臣はコロナ問題について4月15日記者会見を行った。
新しいルールなどは特に設定されず、今後の見通しについては 前回行われた会見時とほぼ同様であった。

今回の会見でもルッテ首相は再度、今後一気に自体が正常に戻ることはないと訴え、社会的距離を1.5メートル取ることがオランダの新しい常識となる準備をしなければならない、と語った。

  

また首相は、現行のコロナ対策措置への緩和を決定する前には、3つの重要な課題があると訴えた。
3つの課題とは、「医療システムへの圧力」、「高齢者や健康問題を抱える人々の保護」、「そしてこのウイルスの性質の把握」である。

オランダで一般の人ににマスク着用を義務付けることができない背景には、国内でもガウン、手袋、マスクなどの個人用防護具(PPE)が不足しており、医療従事者に優先する必要があるためだと、保健大臣は指摘している。