オランダなう

オランダのワーキングホリデー制度 詳細情報

07-08-2020

オランダ-ワーキングホリデー-ワーホリ-

2019年12月13日オランダの貿易開発協力大臣であるシグリッド・カーグ氏は、オランダと日本間のワーキングホリデープログラム派遣交換プログラム(WHS/WHP)について、オランダ駐日大使と合意しました。

このワーキングホリデー制度は2020年4月1日から導入となっています。

この制度を利用して年間上限200人の日本人がオランダに滞在できます。

オランダは日本にとってワーキング・ホリデー制度を導入する26番目の国となりました。

オランダにワーキングホリデーを利用して滞在する方法とは?
申請の条件等を以下に解説いたします。

(記事は広告の後に続きます。)

オランダ・ワーキングホリデープログラム申請の条件は以下の通りです。

オランダ移民局 INDはワーキングホリデーの居住許可を年間最大200人の日本人に与えています。

「もし今年の200人の上限が埋まってしまったら?」

その場合申請者は、待機リストに入れられます。

申請者が一度許可を与えられ、期限内に受け取らない場合、他の候補者に権利が譲られます。

ワーキングホリデーの主な目的と基本原則は、オランダの文化と社会に精通することです。

オランダで様々な短期学習コースを取ったり、ワーキングホリデー中の生活費をカバーするための労働は許可されています。

生活費をカバーするための労働とは、フルタイムで働くことを許可されていることを意味しますが、1年を通して同じ雇用主の元であることは不可であり、また、到着後にすぐ1年間の雇用契約を結ぶようなことはできません。

フリーランスや自営業者として働くことも不可です。

雇用契約取得を計画している移住者、高度な技能を持つ移住者、学生、オペア、フリーランサーや個人事業主として労働することを予定している人は、このプログラムを利用できません。