オランダなう

オランダなう


オランダの人口構成が移民とその子どもによって変化

2018-11-21



オランダの全人口の構成は、移民とその子どもたちの流入によってゆっくりと変化している。

この変化は、オランダ統計局による2018年のオランダ社会に関する年次報告書で明らかになったものだ。

 

この報告書によると、2015年1月から2018年1月までに、純オランダ背景を持つオランダ市民の数は26,000人減少した。

2018年1月1日までには、オランダ人口の約23%(30万6,000人の住民)が移民の背景を持っている。

この数は3年前より1%増加となった。

 

新しい移民のグループの中で最大であるのはシリアから来た人たちだ。

 

また、非オランダ人の半分以上がオランダの国外で生まれていることもわかった。

オランダで生まれた移民の子どもは、主にモロッコ、スリナム、アンティル、トルコの背景を持っており、彼らは第二世代と呼ばれる。

 

ポーランド、ルーマニア、ブルガリアなどの東欧諸国からの移民もまた、これらの国がEUに加盟して以来、大幅に増加している。

新しいEU加盟国からの人々は依然としてオランダに移民をしているが、もはや仕事が移民の理由ではなくなっており、移民をした家族を追ってオランダに移住をするケースが多い。

 

この報告書はオランダ市民の将来の人口構成についての予測は行っていない。

出生の波や移民の突然の増加などの予測不能な要因があり、予測は難しくその信ぴょう性は低い。

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US