オランダなう

オランダなう


オランダ全国で住民税が大きく上昇 ハーレムが最大の増加

2019-01-11



オランダでは、住宅所有者と賃貸契約での住民の両者が支払う住民税は今年大きく上昇する。
これは、主にごみ収集費用の増加に起因している。

フローニンゲン大学が行った調査によると、オランダ全国の住宅所有者は平均で年間702ユーロの固定資産税を支払うことになり、前年比4.3%の増加となる。

賃貸住宅借主は固定資産税を支払う必要はないが、ゴミ収集などの住民税を支払い、その額は年間平均347ユーロで、5.4%の増額となる。

市民税にはさまざまなバリエーションがある。 たとえば、ナイメーヘンでの賃貸住住宅借主は年間平均40ユーロのみの支払いだが、ザーンスタットの賃貸住宅借主では平均571ユーロだ。

今年賃貸住宅の借主が支払う市民税で最大の増加を見ているのはハーレムだ。
ハーレムでは、住民税平均は平均で18%以上の上昇をしている。
これに続いているのはアムステルダムの住民税で、平均17.6%の上昇だ。

住宅所有者で見た場合、支払う年間の固定資産税は例えば、デン・ハーグでは563ユーロ、エンスヘーデで856ユーロである。

アムステルダムの住宅所有者が支払う固定資産税は最大の上昇となり、11.3%増加した。
しかし、年間の平均額は654ユーロで、全国平均の702ユーロを大きく下回っている。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US