オランダなう

オランダなう


オランダ シンタクラース17日に到着 ズワルテピートの顔の色問題も続く

2018-11-17

#オランダ #シンタクラース 



本日17日土曜日、船に乗ったシンタクラースが、オランダに到着するが、オランダでは神経質な空気もただよっている。

今年、シンタークラースが到着する公式な場所として、風車観光で有名なザーンセスカンスの近くに位置するザーンダイクが選ばれた。

市は、このイベントがスムーズかつ平和に進むように、すでにいくつかの措置を講じている。

 

シンタクラースの従者ズワルテピートの肌の色は、近年常に論争や抗議の問題となっている。

反対グループは、ズワルテピートの黒い顔は人種差別だと主張している。

 

昨年は、反対のデモグループが、シンタクロースの到着する予定であったドックムへ入るのを制止するため、支持グループがA7高速道路を閉鎖し、特殊警察が介入する騒ぎにまで発展している。

 

今日ザーンダイクでは、反ズワルテピートと、ズワルテピート支持のグループそれぞれが2回、計4回のデモが予定されている。

ただ、各グループともにデモは平和的なものであると主張している。

市町村によれば、彼らは対立を防ぐために互いから適切な距離を保つ。

 

このデモのためには、何百ものオランダの人々がFacebookにサインアップした。

デモは同様のイベントを持つ他の市町村でも計画されている。

 

ズワルテピートの支持グループは、オランダの何百万人もの人々がズワルテピートを愛していることを見せたいと話し、それを奴隷制度や人種差別とは関係ないとしている。

 

NPO3テレビチャンネルは、今日の正午12時にライブでイベントを放送する。








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US